乗り鉄ペンギンのSLOW LIFE

鉄道ひとり旅を愛する徒然ペンギンの鉄道ブログです。

【鉄道乗車記】おトクな「みんなの九州きっぷ」で無計画九州旅② 2020.10

こんにちはこんばんは!!アイスです。

今回の投稿は九州旅行2日目(前半)ということで、前回の続きとなります。 

penguin-diary0329.hatenablog.jp

 

豊肥本線の乗車を断念した初日から一夜明け、向かう先は・・・天草!!

 

 

九州新幹線)博多〜熊本 800系「つばめ」でいざ火の国へ

朝8時前の博多駅。日曜だからか、人の気配はあまりないです。

f:id:penguin0329:20210203075021j:image
f:id:penguin0329:20210203074825j:image

駅近のホテルってやっぱり便利ですよね。出発が朝早いときは特に・・・
f:id:penguin0329:20210203074138j:image

みんなの九州きっぷ」の恩恵を最大限活かすべく、九州新幹線に初乗車!

今回乗車した800系「つばめ」は終点が熊本ですので、寝過ごす心配はございません(笑)
f:id:penguin0329:20210203075031j:image
乗客が少なかったこともあって、「誰もいない車内」を撮影することができました〜

東海道新幹線だと難易度が高いので、地味に嬉しかったです(笑)

800系は号車ごとにシートデザインが異なります。6号車は赤基調の西陣

JR九州の車両は凝った仕掛けが多く、センスの良さと企業努力が伺えます。

f:id:penguin0329:20210203075216j:image
f:id:penguin0329:20210203074239j:image

1時間ほどで熊本駅に到着です。
f:id:penguin0329:20210203074323j:image

「首まで埋まったくまモン」がお出迎え。

f:id:penguin0329:20210203075000j:image
熊本駅前は現在大規模な開発工事の真っ只中。

駅ビルの開業は、(訪問時から)半年後の2021年4月に予定されています。

駅ビルだけでなく、駅周辺にはタワーマンションオフィスビル(以下画像)なども新築されますので、とても賑やかになりそうですね〜!!
f:id:penguin0329:20210203074308j:image
f:id:penguin0329:20210203074747j:image
f:id:penguin0329:20210203074225j:image

三角線)熊本〜三角 天草への玄関口に向かう

熊本駅では在来線に乗り換え。

三角線は、宇土鹿児島本線から分岐して天草諸島への玄関口まで向かうローカル線です。

f:id:penguin0329:20210203074349j:image
行きは鈍行、お馴染みのキハ47形ですね。
f:id:penguin0329:20210203074847j:image
f:id:penguin0329:20210203074951j:image
車窓から見えるのは有明海です。(網田駅付近)
f:id:penguin0329:20210203075016j:image
三角駅に到着です。教会風の駅舎は、後述の観光列車「A列車で行こう」の誕生に伴いリニューアルされたようです。

江戸時代には所謂「隠れキリシタン」が多く住み、島原・天草の乱の舞台となったこの地ですが、現在はクリスチャンが特別多いというわけではないようです。
f:id:penguin0329:20210203074423j:image

駅舎を出てすぐ目の前には三角港天草諸島を行き来する船が就航しています。

乗り換え時間は20分ほどなので、ピラミッド型の展望台は途中までしか登れず(笑)

f:id:penguin0329:20210203075037j:image
f:id:penguin0329:20210203075133j:image
f:id:penguin0329:20210203074946j:image
f:id:penguin0329:20210203075209j:image

三角線)三角〜熊本 A列車で行こう!!

さて、本日のメインディッシュのお時間がやってまいりましたっ!

観光列車「特急 A列車で行こうに乗車します。

最初に名前を聞いたときは、シミュレーションゲームとのコラボかな?と思いましたが・・・そうではありません(笑)

基本的に休日のみ運行されている臨時列車、以下に主な特徴をまとめました。

・列車名の由来は有名なジャズのナンバー「Take the 'A' Train」
・天草に伝わった南蛮文化が感じ取れるヨーロピアンなデザイン
・車内にお洒落なバーがあり、大人の休日に彩りを加える

www.jrkyushu.co.jp

車両はキハ185系を改造した2両編成となっています。
f:id:penguin0329:20210203074345j:image

f:id:penguin0329:20210203074543j:image
f:id:penguin0329:20210203074839j:image
f:id:penguin0329:20210203074415j:image

車内の様子も少し。

2号車は客席だけですが、4人用の座席も複数設けられています。

f:id:penguin0329:20210203075004j:image

こちらは1号車。カウンターバーではアルコール類だけでなく、オリジナルグッズも販売されています。

ステンドグラスに代表されるように、ヨーロピア〜ンな雰囲気が漂います!

f:id:penguin0329:20210203074340j:image
f:id:penguin0329:20210203074759j:image

車内サービスも充実しており、天草文化に関するアナウンスやジャズのBGM、プレートを持った記念写真の撮影など至れり尽くせり。JR九州、さすがです!!

熊本駅に到着する頃には飴ちゃんもいただきました(笑)
f:id:penguin0329:20210203075154j:image
あっという間に現実へ。無事熊本駅に到着しました。

あ、これはたまたま停車中だった臨時寝台列車ななつ星in九州です。

めっちゃ人気らしいですね・・・いつかは乗ってみたいです。
f:id:penguin0329:20210203075139j:image

このあとは一旦博多駅に戻ります。

帰りは在来線・鹿児島本線乗りつぶしを進めて、昨日乗車済みの鳥栖〜博多間は、特急「かもめ」でショートカットしました。

f:id:penguin0329:20210203075127j:image
f:id:penguin0329:20210203074531j:image
f:id:penguin0329:20210203075119j:image

次回は新幹線に格安で乗る方法を実践します!!

③に続きます。

【鉄道乗車記】おトクな「みんなの九州きっぷ」で無計画九州旅① 2020.10

こんにちはこんばんは。アイスです。

 

さてさて、久しぶりに鉄道乗車記を投稿していきたいと思います!!

一度ぐらいGo Toトラベルを使ってみたいなと思いまして、昨年の10月に2泊3日で九州へ行ってきました。

中学校の修学旅行以来、約10年ぶりの九州上陸です。

 

 

旅の概要

今回は楽天トラベルで往復航空券+ホテルの「ANA楽パック」を予約しました。

ツアーだと地域共通クーポン1万円分ついてくるので、別々で予約するより断然お得でした!(もう過去の話となりましたが・・・)

 

現地では、JR九州が期間限定で発売中のおトクなフリーきっぷ「みんなの九州きっぷ」を使いました。

新型コロナによる観光利用者の激減を受けて、昨年7月に発売された本切符。

主な特徴は以下の通りです。

安い!全地域版:12,000円 北部九州版:6,000円(土日祝の連続する2日間)
 ※当時はそれぞれ2,000円/1,000円安かったです
・有料特急だけでなく、新幹線も乗車可能
・普通車指定席を6回まで利用可能

www.jrkyushu.co.jp

 

今回は「北部九州版」を利用しました!

コスパが超抜すぎて、コロナが収束しても引き続き発売してほしい・・(笑)

f:id:penguin0329:20210118215159j:image

ANA仙台空港福岡空港 1,000kmオーバーの移動は空の旅で

仙台から福岡…日本列島を縦断する移動距離、飛行機での移動は避けられません。

帰省時(伊丹行)とは異なり、搭乗口は最奥。飛行機も小ぶりです。

乗ってしまえばあっという間。2時間ほどで福岡空港に到着しました。 

f:id:penguin0329:20210118215100j:image

初めての福岡空港。地図で見たとおりですが、空港なのに立地が都会すぎます!!

f:id:penguin0329:20210118215043j:image

鹿児島本線長崎本線)博多〜佐賀 予定が崩れて焦りながらの特急「みどり」

「みんなの九州きっぷ」はオンライン予約できますが、切符の受取はJR西日本orJR九州の主要駅の券売機でのみ可能です。

新幹線・有料特急の指定席の予約も切符受取後となるため、まず博多駅でやることがいっぱい。

地下鉄で一瞬。福岡空港のアクセスの良さを改めて感じる5分間でした。
f:id:penguin0329:20210118215006j:image

 

今回の旅行の目玉候補は、豊肥本線の特急「あそぼーい!」。

同年8月に全線復旧を果たしたこともあって、人気の列車ということは知っていましたが、前日なら予約できるだろうと楽観的に考えていました・・・が、しかし

満席でした(涙)

券売機の前で狼狽える私。まぁ〜フリーきっぷを使う以上、仕方ないですね。

明日の予定が白紙になったので、本日の移動中に考えることにしました。
f:id:penguin0329:20210118215135j:image

 特急「みどり」の主力車両である783系。まずはこれに乗りましょう。

f:id:penguin0329:20210118215053j:image
日が暮れるのも少しずつ早くなる季節。車窓を楽しむ時間にも余裕がありません。

終点の佐世保まで行って引き返すだけの時間はないので、佐賀駅で下車します。
f:id:penguin0329:20210118214952j:image
f:id:penguin0329:20210118214945j:image

肥前山口行の817系もホームに停まっていました。

JR九州は観光列車含めて車両の種類がとても豊富で、ホームでも楽しめます!!
f:id:penguin0329:20210118215050j:image
f:id:penguin0329:20210118215026j:image

唐津線)佐賀〜西唐津 ローカル線を乗りつぶす

佐賀駅唐津線に乗り換え。佐賀市唐津市を1時間弱で結んでいます。

ほぼ全線非電化唐津線では、全国各地でおなじみのキハ47形。

ローカル線のご多分に漏れず、乗客は学生とお年寄りが大半でした。

f:id:penguin0329:20210118215116j:image

多久市を経由します。人口は2万人を切っているようですね。

f:id:penguin0329:20210118215145j:image

唐津駅で数分停車したあと、1駅分走って終点・西唐津駅に到着しました。
f:id:penguin0329:20210118214955j:image
f:id:penguin0329:20210118215046j:image

博多行の筑肥線は当駅始発が多いですが、この時間帯は唐津駅始発なので1駅だけ折り返します。

f:id:penguin0329:20210118215014j:image

おっ、キハ125系が停まっていますね。こちらも乗ってみたい。
f:id:penguin0329:20210118215033j:image

筑肥線福岡市地下鉄空港線唐津〜博多 太陽に照らされる玄界灘

佐賀第二の都市・唐津市は福岡県への通勤客も多く、人口は10万人を超えています。

呼子イカや虹の松原で有名ですね。あと、ボートレース唐津

昨年の賞金王で現役最強レーサーの峰竜太唐津出身です。

f:id:penguin0329:20210118215142j:image

筑肥線姪浜が終点ですが、福岡市地下鉄空港線相互乗り入れをしていますので天神や博多駅福岡空港まで乗換なしで行くことができます。

今回乗車するのはJR九州305系。2015年に登場した新しい車両で、デザインも凝っていますね。内装にも面白い仕掛けがありますがそれは後ほど・・・

f:id:penguin0329:20210118215010j:image
しばらく左手に玄界灘を臨みながら・・・太陽が眩しいです。
f:id:penguin0329:20210118215057j:image
f:id:penguin0329:20210118215003j:image

f:id:penguin0329:20210118215120j:image

ここで305系の内装も少し紹介。

扉にはJR九州のキャラクター「くろちゃん」のイラストが。

某クズ芸人とは異なり、愛らしい姿ですね!!

f:id:penguin0329:20210118215149j:image

そして車内の床をよく見ると・・・QRコードで埋め尽くされているではありませんか\(◎o◎)/ 凝ったデザインですね〜

JR九州の公式HPでも出てくるのかな?と思いましたが、どうやら読み取りはできないようです。

f:id:penguin0329:20210118215132j:image
福岡県に入ってからは乗客も増えてきます。市街地に人が集まるのはどこの地域も同じですね。

そうこうしているうちに1時間半ほどで博多駅に到着しました。

 

今回はツアーなので、博多の同じホテルに連泊です。 

地域共通クーポンはヨドバシカメラで使おうかと・・・笑
f:id:penguin0329:20210118215108j:image

晩ごはんは、博多めん街道の一角にある、「shinshin」さんで本場のとんこつラーメンをいただいて、本日の行程は終了となりました。

f:id:penguin0329:20210118215021j:image

あそぼーい!に乗れなくなったアイス。さあ明日はどこへ行くのか・・・

②に続きます。

あけましておめでとうございます

ご無沙汰しております。アイスです。

 

いや〜、半年ほどブログ更新をサボっていたら年が明けていました。

遅くなりましたが・・・あけましておめでとうございます。

緊急事態宣言の再発令もあって、めでたいと言うのは無理がありますが(汗)

 

さてブログをサボっていた理由ですが、コロナ禍+しばらく体調が思わしくなく(胃腸と自律神経がいかれた)ほとんど旅行に行けずじまいで書くネタがないのです。

以前は数年前の旅行記をアップしようと意気込んでいましたが、写真と記憶の発掘に手間取ってモチベーションが上がらず。

やっぱり思い出が新鮮なうちに記すのがベストだなあ、と自分への言い訳を繰り返しています(笑)

そういえば昨年11月に九州に行ったので、近々記事を作成してリハビリ第一弾としたい!!

 

今年も昨年同様「移動」し難い状況が続きそうです。

感染対策を万全にして、たま〜に1人旅するぐらいだったらお天道様も許してくれますかね。

まずは東北の鉄道を制覇することを目標に、ローペースで活動していきたいと思います。

【鉄道乗車記】近江鉄道・信楽高原鐵道〜格安フリーきっぷで乗りつぶし〜 2020.9

季節はすっかり秋ですね。アイスです。

 

先週のシルバーウィークは関西に帰省し、おトクなきっぷで滋賀に日帰り鉄道旅行へ。

わずか1,050円近江鉄道信楽高原鐵道の全線が1日乗り放題となる「びわこ京阪奈線フリーきっぷ」を使いました。

koka-skr.co.jp

 

ちなみに・・・近江鉄道だけであれば更に安いフリーきっぷが発売中です。

金・土休日限定・数量限定ですが、たったの500円・・・!(通常価格900円)

www.ohmitetudo.co.jp

f:id:penguin0329:20200922223839j:image

 

スタート地点は貴生川駅

忍者の里として名高い甲賀市の読み方は「こうか」。私はこれまで「こうが」と読んでいました・・・無知を恥じております。

f:id:penguin0329:20200922224211j:image

駅構内にも忍者のかわいらしいイラストが描かれています。

f:id:penguin0329:20200922223843j:image
f:id:penguin0329:20200922224032j:image

貴生川駅はJR草津線近江鉄道本線信楽高原鐵道信楽線の3路線が乗り入れる接続駅です。京都・大阪へは通勤圏内で利用者もそれなりの数ですが、市街地から少し離れていることもあって駅前はこじんまりとしています。

 

さて、まずは信楽高原鐵道に乗車します。

もとは国鉄路線で、1987年に第三セクターへ転換。信楽焼で有名な信楽への観光路線の役目を担い続けています。 

信楽高原鐵道保有する車両は4両のみ。

今回乗車したのは、3年前に導入されたSKR500形です。内装も京風でお洒落でした。
f:id:penguin0329:20200922223803j:image
f:id:penguin0329:20200922223950j:image

途中、紫香楽宮跡(しがらきぐうし)駅のホームには、信楽焼のたぬきがお出迎え。

f:id:penguin0329:20200922223852j:image

約25分で終点・信楽駅に到着します。

信楽に来たのは高校の社会見学以来でしょうか。

今回はタイムスケジュールの関係ですぐに折り返す必要があったので、観光は叶わず。

f:id:penguin0329:20200922224137j:image

駅前の巨大タヌキも、我々観光客と同様マスクを着用して感染症対策に取り組んでいます。コロナウイルスは動物にも感染するようですから・・・

f:id:penguin0329:20200922224046j:image
f:id:penguin0329:20200922224053j:image
向かい側のホームは現在使われていません。

その代わりといってはなんですが・・・大小様々なタヌキが並び立っていて、ここまでの数だと相当な迫力があります。
f:id:penguin0329:20200922223752j:image

同じく向かいのレールには、ラッピングされたSKR310形が停車中。

現在使用されている車両の中では最年長です。

f:id:penguin0329:20200922223755j:image

 

往復約1時間、貴生川駅に戻ってきました。改札を出て近江鉄道のホームに移動します。

近江鉄道(通称「ガチャコン電車」)は滋賀・湖東地区をカバーしている私鉄で、100年以上の長い歴史があります。

路線は米原から貴生川を結ぶ本線多賀大社への参詣路線である多賀線近江八幡へ繋がる主力路線の八日市線の3つとなります。

赤字路線で一時期廃止が危惧されていましたが、今年に入ってめでたく全線存続が決定しました。

近江鉄道西武グループに属しており、車両も西武から譲受された改造車が大半です。

西武401系を改造した800系が現在の主力車両です。
f:id:penguin0329:20200922223958j:image

西武新101系を改造した100形は、2010年代に登場した次世代の主力車両です。

f:id:penguin0329:20200922223918j:image
f:id:penguin0329:20200922224029j:image

鉄道むすめ」のキャラクターのイラストが目立ちます。

f:id:penguin0329:20200922223955j:image
f:id:penguin0329:20200922223914j:image

まずは本線にて米原方面へ向かいます。

桜川、京セラ前・・・ この区間だけ溢れ出る阪神なんば線感。

f:id:penguin0329:20200922223824j:image

高宮駅多賀線に乗り換えます。
f:id:penguin0329:20200922224220j:image

構内踏切がある駅は、レールが地平線へと伸びるさまを撮影できるので好きです。

f:id:penguin0329:20200922223906j:image
f:id:penguin0329:20200922224036j:image
f:id:penguin0329:20200922224223j:image
f:id:penguin0329:20200922224244j:image
f:id:penguin0329:20200922224117j:image
貴生川方面の下りホームには、こちらも西武新101系を改造した900形が到着しました。

二代目「あかね号」は、近江鉄道の代表的な車両として知られています。
f:id:penguin0329:20200922224215j:image

さて、多賀線はわずか3駅の短い路線となります。

f:id:penguin0329:20200922224006j:image

近江鉄道三大カタカナ駅の一つ、スクリーン駅

f:id:penguin0329:20200922223800j:image

あっという間に多賀大社前駅に到着しました。
f:id:penguin0329:20200922223902j:image

駅前に大鳥居がありますが、神社は徒歩で10分ほど歩いたところにあります。
f:id:penguin0329:20200922223942j:image

多賀大社滋賀県では最も格が高い神社です。

天照大神を始めとした多くの神々の父母である伊耶那岐命伊耶那美命を祀っており、長寿や縁結びなど「生命」に関するご利益があります。

 

人が多すぎず少なすぎず、丁度いい混み具合。

境内ではたった今結婚式を挙げた夫婦と親族一同が記念撮影をしていました。
f:id:penguin0329:20200922224153j:image

秀吉公ゆかりの太閤橋。かなり急ですが通行可能です。

上るのは容易いですが、下りは少し怖かったです。

f:id:penguin0329:20200922223947j:image

拝殿。長寿にはあまり興味がありませんが健康を祈念しました。

f:id:penguin0329:20200922223922j:image
f:id:penguin0329:20200922223819j:image


お多賀杓子・・・多賀大社のお守りで、奈良時代からの信仰だそうです。

おたがしゃくし⇒おたまじゃくしの語源説もあります。

f:id:penguin0329:20200922224201j:image

神輿庫。
f:id:penguin0329:20200922224022j:image
f:id:penguin0329:20200922223858j:image

境内には蕎麦屋がありますので、ここで昼食としました。

私は東北在住で蕎麦は食べ飽きているので、関西では必ずうどんを食べます。

f:id:penguin0329:20200922224141j:image

 

さて、折り返し電車の時間も近づいてきたので駅に戻ります。

そういえば、多賀町楽天の大エース・則本選手の出身地です。

f:id:penguin0329:20200922223816j:image

観光は終了し、残りは近江鉄道を完乗するのみ。

高宮駅で再び乗り換えて米原駅へ向かいます。

f:id:penguin0329:20200922224129j:image

近江鉄道三大カタカナ駅・フジテック前駅周辺に聳え立つのは、高さ170mのエレベーター研究塔です。
山形県上山市のスカイタワー41に匹敵する存在感がありますね。

penguin-diary0329.hatenablog.jp


f:id:penguin0329:20200922224101j:image

米原駅へ到着。

f:id:penguin0329:20200922224109j:image
新幹線乗換駅にしてはこじんまりとした近江鉄道の駅舎です。

f:id:penguin0329:20200922224150j:image
f:id:penguin0329:20200922224057j:image

折り返しの近江八幡行きに乗って、全線完乗となりました!!

八日市線区間は利用者が多く、地域住民の足として機能していることを実感しました。
f:id:penguin0329:20200922223848j:image
f:id:penguin0329:20200922224145j:image

今回は1記事でまとめて紹介したので、写真が多くなってしまいました(汗)

私鉄の乗りつぶしもどんどん進めていきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コロナウイルス感染再拡大

大変ご無沙汰しております。アイスです。

 

さて、新型コロナウイルスの感染拡大が再燃しています。

「Go To トラベル」キャンペーンで旅行する人も多いようですが、

この状況下、どうも行く気になれないというのが正直なところです。

 

東北のような田舎は感染者が少ないぶん、かかってしまった人への風当たりの強さは都市圏の比ではないでしょう。(仙台はまだマシかな)

本当に怖いのはウイルスか?人間か?深く考えさせられます・・・

イヤな世の中になってしまいました。

 

お盆休みは青春18きっぷを使ってゆっくり帰省しようと思っていましたが、

必然的に10県以上をまたぐ移動になるため、またの機会にしました。

ヒマな時間は増えるので、過去の旅行記でもまとめられたらいいなと思っています。

 

先が見えない世の中ですが、心置きなく旅行できる日が来ることを祈るだけですね!

【鉄道乗車記】仙台近郊区間・大回り乗車 2020.6

こんにちは。先月は仕事が忙しかったアイスです。

 

コロナ感染拡大に伴う自粛期間が明け、そろそろ鉄道旅行を解禁することにしました。

勿論まだまだ予断を許さない状況が続きますので、旅行中も感染対策を徹底しています。

 

さて、今回の復帰戦は人生初の大回り乗車にチャレンジ。

18きっぷのシーズンに乗り鉄することが多かったので、今まで機会がありませんでした。

360kmを8時間かけて一周し、仙台近郊区間の未乗車路線を乗りつぶしてきました。

 

JRの「大都市近郊区間」においては一定の条件を満たすと、実際の乗車区間に関わらず最安となる経路での運賃が適用されます。

大回り乗車のルールは主に以下の3つとなります。

①普通乗車券を利用する場合のみ

②途中下車不可

③同じ駅を二度通ってはいけない(一筆書き経路)

例)

✗仙台→小牛田→新庄→山形→仙台(羽前千歳〜山形間を二度通るため)

✗仙台→小牛田→新庄→羽前千歳→仙台(同駅での乗り降り不可)

◯仙台→小牛田→新庄→山形→福島→長町・・・今回のルート

 

www.jreast.co.jp

 

この特例のおかげで、ビールより安い金額で1日中鉄道旅行を楽しめるというわけです。

f:id:penguin0329:20200621185150j:image

 

仙台から小牛田はE721系。(いつものやつなので撮り忘れました・・)

旅の滑り出しがクロスシートで少し安心。

 

東北本線を北上し、小牛田にて陸羽東線に乗り換えます。

愛称は「奥の細道湯けむりライン」。キハ110系のラッピングも愛称通りです。
f:id:penguin0329:20200621185212j:image

 

小牛田〜新庄の直通列車はほとんどなく、鳴子温泉駅で乗り換えとなります。

多くの湯治客が当駅で下車し、残った乗客の大半は鉄道ファンと思われる人々でした。

コロナの影響もありますが、紅葉の季節と比べるとソーシャルディスタンスを保つことができますね!!
f:id:penguin0329:20200621185209j:image
f:id:penguin0329:20200621185216j:image
f:id:penguin0329:20200621185147j:image

 

夏の鳴子峡の青々しさも、秋とはまた違った良さがあります。
f:id:penguin0329:20200621185224j:image
f:id:penguin0329:20200621185108j:image

 

昨年秋は中山平温泉で下車し、鳴子峡周辺を観光しました。

中山平温泉駅以西は今回が初乗車となります。f:id:penguin0329:20200621185115j:image

山形県に入ると風光明媚な田園風景が目立ちます。
f:id:penguin0329:20200621185122j:image

 

そうしているうちに新庄駅に到着しました。

陸羽西線奥羽本線への乗り換えに加えて山形新幹線の終点でもあるターミナル駅
f:id:penguin0329:20200621185112j:image
f:id:penguin0329:20200621185126j:image

E3系つばさ」が兄弟みたいに仲良く待機中。私以外の撮影者も沢山いました。
f:id:penguin0329:20200621185240j:image

 

大回り乗車では新幹線は当然乗車不可なので、奥羽本線山形線の各駅停車で。

ここにきてロングシート701系。新庄〜山形まではそこそこの混み具合でした。
f:id:penguin0329:20200621185159j:image

山形駅に到着した頃から空腹がひどくなってきましたが今回は途中下車不可。

山形〜米沢は719系。(映り込みが激しい・・・笑)
f:id:penguin0329:20200621185233j:image

先日撮り損ねた、上山市名物??スカイタワー41の存在感は相変わらずでした。

周囲の建物との高低差を考えると、日本一見晴らしが良いマンションかも?
f:id:penguin0329:20200621185229j:image
f:id:penguin0329:20200621185153j:image

 

そんなこんなで米沢駅に到着。

牛の像を見るといっそうお腹が空いてきましたが、もう少しの辛抱です。
f:id:penguin0329:20200621185205j:image
f:id:penguin0329:20200621185221j:image

米沢〜福島間は急勾配の豪雪地帯で、冬場はよく運休になるようで。

f:id:penguin0329:20200621185130j:image

この区間の沿線はほとんど人の気配がないですね。

特徴として、スノーシェルターに覆われている駅が多数あります。

峠の力餅」で有名な峠駅もその一つです。
f:id:penguin0329:20200621185118j:image

 

福島駅に着いたときにはもうフラフラ。。。

なんとか仙台まで帰ってこれましたが、インドア派にはかなりハードな旅でした。

乗りっぱなしも勿論楽しいですが、次の旅は途中で観光を挟みたいと思います(笑)

 

【鉄道あれこれ】夏の帰省は青春18きっぷで!!仙台〜大阪ルート思案

またまたご無沙汰しておりました。アイスです。

相変わらずコロナ対応が甘い弊社にストレスを溜めながら暮らしています(怒)

 

さてコロナ、第二波到来を防ぐためにも油断は禁物ですが、日本国内において新型コロナウイルスの感染者数はある程度落ち着いてきました。

新しい生活様式」の中で感染予防を徹底して行えば、鉄道旅行も問題ナシ!という空気になってくるのでしょうか。

ローカル線の旅よりも東京の毎日の通勤電車の方が数倍感染リスクが高いと思いますし・・・なんともいえないところ。

 

今回は2年前の東北旅行の続き・・・ではなく(サボってます汗)

お盆休みの仙台→関西帰省ルートの候補を備忘録的にまとめたいと思います。

帰りは飛行機ですが、行きは青春18きっぷを使ってのんびり向かおうと思いました。

基本的にJRのみ利用で、いずれの候補も経由地で1泊する想定。

 

①本線ぶっぱルート

仙台〜(東北本線)〜東京〜(東海道本線)〜大阪

鉄道ファンであれば一度はやるべき、東海道本線鈍行の旅。

1日目は名古屋まで行ってしまってもいいですが、せめて浜松あたりで泊まるのが無難でしょうか。

ただ、本ルートは仙台から乗るメリットをあまり活かせていないような気がします。

 

北関東ルート

仙台〜(東北本線)〜宇都宮〜(烏山線)〜烏山〜宇都宮〜(日光線)〜日光〜宇都宮〜(宇都宮線)〜小山〜(両毛線)〜高崎〜(八高線)〜八王子〜(中央線)〜名古屋

栃木まで南下してから北関東を通過するルート。宿泊は両毛線区間のどこかで。

烏山線日光線は折り返して。日光に行くとなると1年半ぶりになります。

なが〜い中央線は特急を使わないとまともに移動できません。

 

新潟・長野ルート

仙台〜(東北本線)〜小牛田〜(陸羽東線)〜新庄〜(陸羽西線)〜余目〜(羽越本線白新線)〜新潟〜(信越本線)〜長岡〜(上越線)〜越後川口〜(飯山線しなの鉄道)〜長野〜(信越本線篠ノ井線)〜塩尻〜(中央線)〜名古屋

こちらは更に遠回りをして、新潟・長野を通過するルート。宿泊は長野。

前回乗れなかった東三条以南を乗りつつ。初日がかなりハードそうです。

陸羽東線は平時でも大回り乗車で安く乗れるので、一部不通(代行バス)ですが只見線経由もアリ。

 

新幹線をうまく活用すれば、観光の時間に充てることができそう。

関西からも東北からも遠い信越を中心に攻めるのが、乗りつぶしの肝となってきそうです。